ケータリングの特徴を知ってみよう

MENU

ケータリングの選び方

パーティや結納、法事やお祝いなど、いろんな場面でケータリングサービスを利用することがありますが、様々な業者がある中でどのようにケータリング業者を選べばいいのかひとつご参考にしてみてください。
以下のポイントを踏まえて、ケータリング業者のサイトをチェックしていきましょう。

 

@ 別料金に注意!
ケータリングを利用する際には基本料金、別料金を把握する事が大事で、料理の代金はもちろん、会場の設置・撤収費用、食器類の貸し出し費用、サービスを行うスタッフの派遣費用など、基本料金のほかにいろいろなオプションで結局、費用が高くなることがあるので面倒でも事前に見積もりをとって確認することをおすすめします。
A 料理の見栄えが良い
お祝いごとやパーティ、法事にしてもお客様をお呼びしてケータリングサービスを利用するのですから、料理は美味しくて、ボリュームがあり、華やかで見栄えのいいものが、お呼びしたお客様をもてなし、満足させることにつながるのです。
B 飲み放題プランがある業者
パーティなどのたくさん人が集まる場合は、飲み放題プランがあると参加者は心おきなく飲み物を楽しむことができ、ビールサーバーや飲み物の種類なども充実することができます。業者によっては、最低利用人数が決まっていたり、飲み物の種類が限られていたりするので事前に確認してください。
C 試食が可能な業者
今まで利用をした事がない業者の料理を当日、お客様にお出しするのはとても不安なので、試食可能な業者であればそれを利用してみてください。業者によっては試食プランをしているところがあり、一定金額以上の予約(当日利用の注文)をすれば試食の代金を無料にしています。また、試食プランがない業者でも実際、お店や商品を販売しているのなら試しに食べて判断してみてください。

個人でのケータリングサービス

最近ケータリングサービスを行うレストランやホテル、業者が増えてきています。今までケータリングとは、運動会やお祭りなど、多くの人が集まるところに来るものでしたが、今は、個人での利用も増えてきています。

 

ケータリングサービスの良い所というのは、その場で、作っている所が見られるという所です。料理する人の包丁さばき、生の食材がどのように料理の形になっていくのか、生でみられるのはとても面白いでしょう。しかし、その場で調理してもらうという事は、そこまで来てもらうのにスケジュールを決め、調理器具を持ってき、場所を整えるという、厄介な過程を踏まなくてはならず、敷居が高いと思う人もいるかもしれません。その為、ケータリングサービスは個人向けではないと思われる方も多いと思います。

 

しかし、本職の料理人による生の調理など、料理を生のパフォーマンスとしてみることができ、そして、すぐに食べることができるというのは、デリバリーサービスでは体験できない事でしょう。お店に行けばいいとも考えるかもしれませんが、たとえば、自宅でホテルのコースが食べれる事は、客としてホテルやレストランへ行くよりも、特別感が測り知れなくあるでしょう。

 

まだまだ、個人向けケータリングサービスは浸透しているとはいえませんが、結婚式や敬老の感謝など、特別な行事に合わせたプランなど用意している、ホテルやレストランなども最近では増えてきています。大がかりなものではありますが、特別な日のサプライズとして利用してみるのも良いかもしれません。
 

更新履歴